子供が普通校に通う事は難しいとわかり、通信制高校を探し始めました。

通信制高校は私立が多く一定の学費がかかります。親としては悩ましいところです。

学費には入学金や毎年の授業料などが含まれますが、いったいどれぐらいかかるのか調べました。

また学費が安い通信制高校の一覧も作ってみました。

もし私と同じように通信制高校の学費について調べている方がいれば参考になればと思います。

通信制高校の学費の目安、なんで差があるの?

通信制高校は学費がかかります。学校法人や株式会社が運営しているので一定の利益を上げなきゃいけないしボランティアじゃないのです。

学費の目安は年間の学費で20万円~100万円ほどの差があります。

キャンパスへの登校(週3や週5)があるコースは30~70万円とややバラツキがあります。
キャンパスへの登校のないWEB自宅学習コースは安く、年間2~30万円が相場でした。

進学コースや特別コース(美容・IT・デザイン・ペット・育児等)を追加すると年間10~20万をプラスするような形となります。

就学支援金制度で割引になる

国や自治体から就学支援金ということでおよそ年間10万円~30万円の学費免除を受けられます。(家庭の収入によって額が変わり、世帯収入が多い家庭は0円という事もあります)

条件付きですが、これを活用すれば場合によっては学費0円となるケースもあります。→就学支援金の詳細はこちら

学費が安い通信制高校の一覧

学費が安い通信制高校には特徴があります。

まずは登校しない通信のみのコースは最も学費が安いです。校舎があって通学して先生が授業を行うのは学校側も費用がかかっているので自然と学費に反映されていきます。

あとは都心部にキャンパスを置くような通信制高校は学費が安くは無い様子です。やはりキャンパスの家賃やら人件費がかかっていると思われます。

そんな中で、学費が安い(年間50万円未満として)通信制高校の幾つかをピックアップしてみました。

1.鹿島学園高等学校 1年目、2年目、3年目で異なるが概ね26万~20万円
2.勇志国際高等学校 コースに関わらず年間約30万円
3.NHK学園高等学校 ネット学習コース 27万2000円  登校コース44万4000円
4.飛鳥未来高等学校 登校もできるベーシックコース42万4000円 それ以上のコースは50万円超え
5.第一学院高等学校 週3日登校でも38万6000円
6.星槎国際高等学校 週2日登校のコースで29万5000円 スクーリング費用は別途要
7.ヒューマンキャンパス高等学校 一般通信29万6000円 通学41万6000円
8.ルネサンス高等学校 通信制で43万円 2、3年目は38万円
9.屋久島おおぞら高等学校 通信コース38万円
10.わせがく高等学校 通信コース 26万4000円 通学型は50万円超え
11.N高等学校 ネット学習コース25万円 週1日通学40万3700円 それ以上のコースは50万円超え

コースによって学費が異なりますので、あくまで目安としてみてください。

上記の金額から、就学支援金を申請すれば20~30万円割り引く事ができます

クラーク記念国際高等学校、立志舎高等学校、あずさ第一高等学校は最低でも50万円以上なので省きました。